羽田式パトリオットアフィリエイター養成学校を取り巻く顔ぶれがヤバイ - ネットビジネスの副業で稼ぐ方法 -info filter-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いかがだったでしょうか?
ご質問、相談、問い合わせはこちらからお願いします。

メルマガ登録

羽田式パトリオットアフィリエイター養成学校を取り巻く顔ぶれがヤバイ

どうも、noelです。

情報業界をひっくり返す
という意気込みで登場した
羽田式実践型パトリオットアフィリエイター養成学校

羽田和広さんの商材ですが
かなり本気度は伝わってくる内容ですね。

羽田式実践型パトリオットアフィリエイター養成学校

◆販売業者◆
株式会社SRシステム

◆運営統括責任者◆
比嘉要塀

◆販売ページ◆
http://affiporter.jp/sl/

◆所在地◆
〒108-0074
東京都港区高輪2-15-15-108

関連記事:パトリオットアフィリエイト 羽田和宏が宣戦布告!


口コミでは賛否両論ありながらも
若干賛が上回っているでしょうか?

主に彼の交友関係についての批判について
言っているのも見ますが、それだからやばいっていうのは、
根拠としては弱いです。


といいつつも、
僕も今回はその交友関係について
ちょっと書いてみます。


羽田和広とは?



まず、羽田和広さんは
1年間ほど、ずっとノウハウコレクターを
彷徨っていた状態で最初は全く稼げなかったそうです。

その後、少しづつ成果が出始めて
去年インフォトップのルーキー賞を受賞するほどの
大ブレイクを果たしたわけです。


その過程は、彼をずっと見ているとわかりますが
グレーなことや嘘付いたりして、
誰かに引き上げてもらうこともなく

自分自身のスキルを高めていき
徐々に稼げるようになった正攻法の
アフィリエイターだと思います。

それはブログやYoutubeを見ていれば
その過程がわかります。


なので、詐欺商材や高額塾に騙され続け
ノウハウコレクター化してしまっている人には
かなり親近感や説得力を感じるはずです。


そのような経歴の羽田さんが行う
大キャンペーンですから、ずっと注目して見てきました。


今回の
羽田式パトリオットアフィリエイター養成学校
これまでの高額塾の常識を覆すようなものにして欲しいと
期待したいですね。


羽田和広を取り巻く顔ぶれ



斎藤和也(ラストランプ)



キャンペーン開始早々
まず最初に疑問に思ったことですが、
募集の際に、斎藤和也氏のアフィリエイトセンターを
わざわざ利用しているところでした。

過去に炎上した高額塾、スクールを
販売してきた評判の悪いところをなぜ使うのか?

LINEリッチ塾

高岡式PPCアフィリエイトスクール

まあ業界の健全化とは言っても
影響力を与えられなければ、何も変えられない
というのはわかります。

ある程度大きなアフィリエイターを動かす必要が
あったのでしょう。


ある意味与沢翼の元を離れたのなら
SKナレッジは自分の思うようにならず
言いなりになるかもしれない。

そこで、残った選択肢が
斎藤和也だったのかもしれません。


藤沢涼(元FAS)



そして次に
キャンペーンのインタビュアーを務めた藤沢涼さん

藤沢涼(元FAS)

一番左の方

与沢塾1期生として、入塾3週間ほどで
月約250万円を売り上げたそうです。

2期生の募集には、動画で推薦をしていましたが
昨年には、FAS(フリーエージェントスタイル)を退社しています。

与沢塾4期

与沢翼氏の元を離れた一人ですが
当初からこの藤沢さんは、いわゆるネオヒルズ族
とは全く違う印象でした。


与沢塾で圧倒的な実績を作ったのにも関わらず
その後に、これといったキャンペーンもしていません。

もし、与沢翼に頼めば
1億とかは余裕で稼げたのではないでしょうか?


しかし、藤沢さんはあくまで自分のブログ読者に対してのみ
発信を続けています。

大きな企画は、コンサル生を自分のメルマガで
募集する程度で、おそらく数十人ぐらいを教えているのだと思います。


FASを退社した理由は、はっきりいいませんが
「自分の力でやっていきたい」
ということ。

まあ実際はいろいろあるでしょうが
業界の健全化をすると宣言されていました。


「そんなのブランディングだろ!」

と言われてしまえばそれまでですが
何となく羽田和広との考え方が似ているのかな
と今回のセッティングで感じたわけです。


大西良幸



そして、この前先行販売最終日に
ウェビナーを開催していたので
ちょっと覗いてみたところ、
あの大西良幸がでているではありませんか。

大西良幸

まあ羽田和広と大西良幸が
繋がっているというのは、こちらに書いたように
想像通りだったわけですが。


アンダーグランドアフィリエイトクラブという
最終的に100万円のバックエンドを提示し
購入者を激怒させた高額塾の販売者を呼ぶなんて・・・

ここでちょっとビビってしまったわけなんですが
ただ、やっぱりこの大西さん
人柄は相変わらず良さそうでした。


結果的にあのアンダーグランドアフィリエイトクラブは
高額アップセルを売りつけたため、
イメージが悪い印象が残りました。


ただ、販売元はSKナレッジだったことは
ご存知の通りです。

つまり、あの塾はどこまでが大西さんの意思で
どこまでが大西さんの意思でなかったのかは
ちょっとわかりません。

動画のしゃべりなどは、SKナレッジの台本通り
という気はしましたし。

もしかしたら完全にいいように扱われ
SKナレッジの利益になってしまった
ということも十分ありえます。


そういったことから
羽田和広さんは与沢翼でもなくSKナレッジでもなく
斎藤和也氏を選んだのではないかと思いました。

販売元とそのコンテンツ作成者の意図
というのは必ずしも一致しません。

つまり、斎藤和也氏のアフィリエイトセンターだからダメ
というのは、結論が早すぎます。


アーティストがベスト盤を出したくないのに
レコード会社が無理やりリリースさせるのと同じですね。


斎藤和也氏からすれば
羽田さんとジョイントすることでイメージアップに
繋がりますからね。(なるかな・・・)

羽田和広
藤沢涼
大西良幸

今後もこの方達の動向には
注目してみて行きたいと思います。

羽田式パトリオットアフィリエイター養成学校体験入学

関連記事

いかがだったでしょうか?
ご質問、相談、問い合わせはこちらからお願いします。

メルマガ登録
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。