Google検索エンジン圏外へ!トレンドアフィリエイトサイトへのペナルティ警告!対策は? - ネットビジネスの副業で稼ぐ方法 -info filter-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いかがだったでしょうか?
ご質問、相談、問い合わせはこちらからお願いします。

メルマガ登録

Google検索エンジン圏外へ!トレンドアフィリエイトサイトへのペナルティ警告!対策は?

最近、トレンドアフィリエイトサイトへの
警告・ペナルティの問題が話題になってますね。

ウェブマスターツールを使っている人には
通知がいきますが、

ペナルティを受けた場合
このようなメッセージが来ます。

「貴サイトに価値のない質の低いコンテンツが含まれているため
手動でスパム対策適用いたしました。」


ペナルティ警告

かなり心臓に悪いメッセージですが

Googleの検索結果で、上位にあったものが
圏外へ飛ばされてしまったり

最悪インデックス全削除されてしまったり
することがあります。


このようなペナルティっていうのは
上記のメッセージにもあるとおり
「質の低いコンテンツ」
ということです。


これだけだと抽象的で、
何を持って質が低いと判断されているのか?

を理解する必要がありますね。


Googleの思う質の低いコンテンツとは?



Google

文字数が少なく情報がない記事

他サイトのコピペコンテンツ


ざっくりいうと、こういうサイトは
Googleから警告が、いつ来てもおかしくない状態にあります。


文字数は500文字以上が、最低ラインと言われています。

コピペコンテンツは、インターネット上にある他サイトと
記事がまるまる一緒の状態です。

コピペチェックツールとかで
記事やサイトのURLを入力すると、コピペの割合がわかります。

自分のオリジナル記事を書いていれば、30%ぐらいになると
思いますので、50%以上だとちょっと多いです。


これらもGoogleが明確に、判断のアルゴリズムを
公開しているわけではないですが、少なくともSEOでこれぐらいは
注意しないといけないです。


Googleの判断がより厳しいものに?



僕も、今回のペナルティを受けたというのを
実際に聞きましたが、先程の条件に違反してなくても
警告を受けている・・・

ということもあり、少し驚きました。


記事もコピペではなく、オリジナルで
文字数もそれなりにあるもの

それでもペナルティ対象となりえるとしたら
ちょっと大変です。


僕の視点で、なぜそのようなペナルティを受けたのかを
話しますと


「コピペ記事ではないけど、サイト自体がオリジナル感がない」


これじゃないかと思います。


特に芸能関連のトレンドサイトって
よく上位に来てると思うんですが、
どれも似たような作りですよね?


まず、
サイト名は「○○速報」「○○芸能ニュース」

サイドバーには、
芸能人の整形画像や
美人ランキング
の記事を画像リンクで敷き詰められている。


僕もよく見ますけど、

「なんか昨日もこれ見たな」

っていうぐらい
見分けがつかないものがたくさんあります。



それらが対象になってきているのではないか?

という印象を受けました。


そもそもGoogleの検索エンジンが上位表示
を決めるのに、なぜコピペや文字数の少ないものを
排除しようとするのか。

Googleは、ほぼ広告収入で成り立っています。
毎日何億というユーザーがGoogleで検索をかけるわけですから
その影響力は凄まじいものがあります。


そこで、もし検索をかけたのに
過剰なSEOだけで上位表示された
情報が薄いサイトや、コピペだらけのサイトばかり
だったとしたら・・・

「Googleさん、この検索使えないですよ」

Googleにクレーム、そして検索を利用する人が
少なくなってしまいます。

そうなると、当然収益は減少してしまいますから
それは避けなければいけないわけです。


これが、本質にあるので
例えコピペ記事でなくとも、
同じような情報ばかりが上位に位置していたら
何か対策をしようと思うのも、自然なことですよね。


ペナルティ警告への対策は?



じゃあどうすればいいのかというと

同じような記事になってしまうのは、
コピペでなくても、結局は他のサイト情報のリライトを
繰り返しているだけというのがほとんどです。


そこに、誰もしらないような情報を載せることで
オリジナル感はだせますが、
そんなことは取材でもしない限り無理です。


オリジナルのサイトを目指す方法は
たった一つ

「テーマに対して、
自分の見解、感想を中心に書く」


これだけだと思います。


同じような情報しかないサイトへは
どうしてもリピーターがつきにくいです。


そこへ、自分の意見や感想を色濃くだせたら
サイトというよりも、作者自身に関心が向き
また、来ようと思ってもらえるはずです。


例えば、とにかく超辛口の感想ばかりを
言っているサイトだったら


この芸能人のスキャンダルについて
あそこの管理人はなんて言ってるんだろう?

というふうになります。

リピーターが多いかどうかというのも
Googleは把握していますから、判断基準に
ならないとは言い切れません。


リピーターをつけられるような
オリジナルサイトコンテンツの作成を考えるのは
大切なことですね。


トレンドアフィリエイトでは
やはりこのPRIDEなんかは、そういったペナルティは
起こりえない手法なので、逆に順位があがったなんて
話も聞きます。

PRIDE
PRIDEのレビューはこちら



あとは、キャッシュポイントを
一つだけにしていた場合は、ペナルティで一気に
収益が0になってしまいますから、やっぱりリスク分散する
ということは重要です。

先日の記事でも書いたことにも繋がりますが
複数の手法やサイトで、収入の柱を作っていくことで
別のところに力を入れながら、復旧作業をする。

ただし、ペナルティの対象がサイト全体に及んでいる場合
どこの記事がペナルティの対象になったのか
詳細をgoogleは教えてくれませんので、
復活するのはかなり大変です。


記事ではなく、ドメイン自体がダメになっている
可能性もありますから、そうなってしまったら
厳しいことをいうと、新しく作ったほうが早いということになります。


ではでは、noelでした。

 
関連記事

いかがだったでしょうか?
ご質問、相談、問い合わせはこちらからお願いします。

メルマガ登録
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。